Interview

BUBKA January 2018 – Interview with Higuchi Hina and Ito Karin

Source: BUBKA January 2018 issue

樋口日奈
伊藤かりん

乃木坂46にとってアンダーとは何なのか?

ここで生きる理由

華やかな舞台で活躍し、今のアイドル界で最も輝いて見えるのが乃木坂46の選抜メンバーだろう。しかし、同じグループに属しながら、なかなか陽の目を見ることができず、様々な葛藤を抱えながら黙々とステージに立っているアンダーメンバーがいることも忘れてはいけない。彼女たちは何のために戦う?

Higuchi Hina
Ito Karin

Regarding Nogizaka, what is the meaning of Under?

The reason of existing here

Through glamorous stage activities, the Senbatsu members of Nogizaka46 seem to be shining the most in today’s Idol world. However, we must not forget about the Under members who, while belonging to the same group, are standing silently on the stage while holding various conflicts and who can be easily overlooked.

モチベーション

今日は、「乃木坂46にとってアンダーとはどういう存在なのか?」というテーマで話を進めさせてください。まずは、どういうモチベーションでそのシングル期間を過ごしていますか?

樋口 私はずっとアンダーでやってきました。大きく気持ちが変わったのは、高校を卒業してからです(昨年3月)。学校に通いながらだと、やっぱり忙しいんです。選抜に入ったら、もっと忙しくなるだろうなっていうのがありました。でも、学校と両立するんだと、私は決めていたんです。ちゃんと卒業するまで、私は頑張るって。その時の選抜は、すごく遠い目標でした。いつかなりたいなとは思っていたけど、在学中は今ほどの悩みはありませんでした。「私には学校がある」っていう理由があったからです。でも、高校を卒業すると、乃木坂として活動できる時間が増えたし、握手会にもたくさんの方が来てくださるようになって、少しずつだけど成長できているなって実感できるんです。だから、選抜に入りたいっていう目標がより明確になってきました。大学進学を諦めたということは乃木坂一本ということなので、自然と乃木坂について考えることが増えたんですけど、アンダーもすごく楽しいんですよ。以前は3列目だったけど、徐々に前に立たせてもらえるようになったし。あんなに嫌いだったカメラが、今ではちゃんと見られるようにもなったし。

Motivation

Today, we will talk about the subject “regarding Nogizaka46, what is Under exactly?”. First of all, how do you keep your motivation during the period of a Nogizaka single?

Higuchi I was active as an Under member all the time. My feelings changed drastically since I graduated from high school (in March of last year). Also going to school was of course very hectic. If I were to enter Senbatsu, I would probably become even more busy. But I decided to combine it with school. I wanted to work hard until I graduated properly. During that time, Senbatsu was a very distant goal. I wanted to enter Senbatsu someday, but during my studies, I didn’t worry about it as much as today. “I am going to school”, was my reason. But when I graduated from high school, I had more time for Nogizaka activities, and also many people began to come to handshake events, so little by little, I actually felt there was growth. Because of that, the goal of entering Senbatsu became much clearer. Because giving up on entering university means concentrating fully on Nogizaka, naturally there were more Nogizaka related things to consider, but being an Under is very enjoyable as well. Before, I was always on 3rd row, but gradually I came to stand in the front row. And I also became able to look at the camera I used to dislike so much.

そんなに嫌いだったんですか(笑)。

樋口 自信がついてきたんでしょうね。今のモチベーションとしては、もうすぐ20歳になるから、いずれはグループを引っ張っていける存在になりたい、というものです。そのためには、まずはアンダーで自分の存在意義を見つけられるか、だと思っています。そうすれば、乃木坂全体の中での自分のあり方というものにつながると思うので。そういうことを最近は考えています。アンダーの力を上げれば、グループ全体の力が上がりまし。アンダーって意外と一番大事なんじゃないかなって、思います。

伊藤 すごくしっかりしゃべるなー。

Did you dislike it that much (laughs)?

Higuchi My self-confidence has grown, didn’t it? My current motivation is to become someone able to pull the group, because I will become 20 years old very soon. In order to do so, I think I first have to discover the meaning of my existence in Under. Because by doing that, I think it will lead to who I am in Nogizaka as a whole. That’s what I am thinking about lately. When we raise the power of Under, the power of the whole group will rise. I wonder if Under might be unexpectedly the most important thing.

Ito That’s very well said.

そうですね。カンペを読んでいるんじゃないか、くらいの(笑)。かりんさんはいかがですか?

伊藤 まず共感したのは、私もカメラに対して自信がないということです。

Indeed. You’re not reading from a cue card are you (laughs)? Karin-san, how about you?

Ito First thing I agree with is the lack of self-confidence when it comes to cameras.

そこですか(笑)。

伊藤 私はそういう短所を捨てて、長所を伸ばしていこうとするタイプなので、それぞれの道を進むっていうことかなと思いながら、話を聞いていました。あと、これはどこでもお話ししていることですけど、私はそんなに選抜に興味がないんです。私はライブが好きでアンダーライブが生き甲斐なんです。大前提として、選抜が頑張ってくれているからこそ、私たちにもお仕事があるわけで、そこはすごくありがたいなとは思っています。

Really (laughs)?

Ito I am the type that tries to get rid of my weak points and improve my strong points, so while listening to her story, I think we advanced in our own way. Also, this is something I say everywhere, but I am not that interested in Senbatsu. I love doing live shows, and the Under live shows are my purpose in life. The most important thing is that because Senbatsu is working hard, we have jobs as well, and for that I am very grateful.

もし「選抜とアンダー」という考え方がなくて、「全員選抜」だとしたら?

伊藤 やだやだ!
樋口 アンダーがあったほうがいいな。
伊藤 だって、選抜の5列目って悲しいですよ⁉ 過去に「じゃあ、7列目ね」って言われたことがあって。「そんなに後ろかい!」と思って(笑)。やっぱり客席からもテレビカメラからも見えるのって、3列目までなんですよ。同じ3列目でも、私は選抜じゃなくて、アンダーのほうが自分を表現できると思います。

What if instead of “Senbatsu and Under”, there will be an “all member Senbatsu”?

Ito No way!
Higuchi It’s better if Under exists.
Ito After all, it’s very sad to be in the 5th row of Senbatsu! In the past we were told “well, it’s the 7th row”. “That far back!”, I thought (laughs). After all, you are visible from the guest seats as well as the television cameras up until the 3rd row. But even though they both have 3 rows, I can express myself better in Under than in Senbatsu.

「アンダーでの自分」のほうに存在価値を見出せるということですね。10月の九州シリーズはいかがでしたか?

伊藤 大変だったね?
樋口 今までで一番大変だった。みんなの対応力が上がったからできたんだと思います。
伊藤 今までだったらできなかったね。いちばん大変だったのは、ちま(樋口)です。全体でフォローしながら、だったけどね。
樋口 ひめたん(中元日芽香)ときーちゃん(北野日奈子)がセンターのツアーだったので、その2人が出られない時は私がそこに入ったり、MCでも本来はしゃべる予定にない私がしゃべることになったりして。でも、気負うことなく対応できました。最初のほうは辛くて、みんなに頼った部分もありましたけど。ここまで自分が前に出ることになると思っていなかったから、達成感はありました。自分に頑張ったねって言えるくらいの。
伊藤 アンダーライブって、演出家の方によって空気感が全然違うんです。今回担当されたのは、作品をつくるのが得意な方だったので、歌詞をしっかり聴いてほしいというブロックを作りました。そのブロックへのつなぎMCを私が担当したんですけど、テンションの持って行き方が難しいんです。私自身は(アンダーであることに対して)ポジティブなんです。でも、私がしゃべることをファンの方は、アンダーの気持ちの代弁者として聞いてしまいます。そんな時にどんなことを話せばいいのかっていうのは、毎晩悩んでいましたね。

It’s a matter of finding out your value of your existence in Under, right. How did the Kyushu Series in October go?

Ito It was great, wasn’t it?
Higuchi It was the greatest until now. I think we were able to do it because everyone’s flexibility has improved.
Ito We weren’t able to do this until now, isn’t it? Chima (Higuchi) was the greatest of all. I followed her the entire time.
Higuchi Because Himetan (Nakamoto Himeka) and Kiichan (Kitano Hinako) were the centers this tour, I entered at the times they couldn’t appear, and it was also decided that I talked during the MC parts although that wasn’t originally planned. But I was able to deal with it without getting worked up. The first time was tough, and there were also parts that everyone relied upon. I didn’t think I came out that far before, so I felt a sense of accomplishment. I was able to say I did my best.
Ito According to the producer, the atmosphere of the Under Live was completely different. Because this time someone skilled in producing was in charge, I wanted to create a block where you could firmly hear the lyrics. I was in charge of the MC part of that block, but it was hard to deal with the tension. For myself, it is positive (regarding Under related topics). But the fans listen to the things I say as being a spokesman for all of the Under members feelings. Thinking about what to talk about at those occasions troubled me every evening.

たしかに、個人の気持ち、他のメンバーの気持ち、ファンの気持ちをすり合わせたMCをしないといけないから、とてつもないハイスキルが求められますね。

樋口 ファンの方は、2人がいないことだったりに対してのモヤモヤがあるわけです。その気持ちを汲み取ることをしないといけません。でも、ステージに立っている私たちのことも観てほしいし、かりんもそうだと思うけど、嘘は言いたくないんですよ。そうじゃないと、メンバーもファンの方もスッキリしないですから。今回は特にMCについてみんなが考えましたね。

Surely, because you have to consider your own feelings and the feelings of other members, as well as the feeling of the fans in a MC part, you must require an unbelievably high skill, right?

Higuchi As expected, there is some worry because every fan is unique. I have to get rid of that feeling. But I also want you to see us as we stand on the stage, and I believe Karin as well, but we don’t want to tell lies. Otherwise, it won’t be fair for both members and fans. This time, everyone was thinking about the MC in particular.

アンダーの歌詞

アンダーの楽曲って比較的重い傾向があります。それについてはどう考えていますか?

樋口 アンダー曲には、共感が得られるものが多いと思っていて。それは、失恋とか別れとか、人が経験しがちなことが書いてあるからです。いつもいただく度に、素敵な曲だなって思っています。いただいた時に理解できなくても、歌っているうちにそう思えるんです。
伊藤 曲を聴きたい時って、気持ちが沈んでいる時だったりするじゃないですか。でも、ライブでは騒ぎたいっていう方もいらっしゃいます。そこをいかに曲でメッセージをつたえるべく、強く訴えるかということを考えています。たとえば、「アンダー」という曲は、暗めではありますけど、「あの曲、ひどいよね」って言われるのが私はあんまり好きじゃなくて。

The lyrics of “Under”

The song “Under” tends to be relatively heavy. How do you think about that?

Higuchi The Under song holds a lot of things one can sympathize with I think. It’s about things people are likely to experience, such as a broken heart or a farewell. Every time I perform it, I always think it’s a fantastic song. Although I didn’t understand it when I received it, I think I can while I sing it.
Ito When you want to listen to the song, you can feel depressed right? But, during live shows there are also people that want to make noise. In order to tell a message with this song, I am thinking about how to appeal to it strongly. The song has its darkness, but I don’t like being told “that song is terrible”.

事実、その声はありますよね。

伊藤 「この曲を歌うのは、辛いよね」ならわかるんですけど。
樋口 この曲って、どんな世界にも通じるメッセージ性があると思うんです。学校にも会社にも。

Truth is, that is being said.

Ito I understand it though when people say “This song is hard to sing isn’t it”.
Higuchi I think this song has a message that can be understand no matter in what society you are. At school as well as at work.

部活でも会社でも同じようなことはありますからね。

伊藤 バナナマンの設楽(統)さんがラジオでこの曲について触れてくださったんです。「最初は本当にひどいことを歌わせるなと思ったけど、あの曲を一生懸命歌っているメンバーに心打たれるんだ。そこまでをセットとして考えているとしたら、本当にすごい」って。そういう捉え方をしていただけるなら、ライブでも大切にしていきたいなって思いました。

Because even during club activities or at work, these themes exist right?

Ito Shitara (Osamu)-san from Bananaman has talked about this song on the radio. “At first, I thought this song was horrible to sing, but I am deeply touched by the members who sing it with all their might. When you bring it to that extend, it is really amazing”, he said. If it can be perceived like that, I want to cherish it also during live shows.

とはいえ、重すぎると受け止めてしまうメンバーもいるのかなっていう。

樋口 私も曲をいただいた時、二度見しちゃいました。「えっ?」って。でも、自分たちに重ねすぎて考えていたなと思って。メッセージを伝えるために私たちは歌うんです。なのに、自分たちでそのメッセージを受け取って、悲しんじゃっていてはいけないなって。そうじゃないと、観ている方もどんどん辛くなってしまうじゃないですか。メッセージを伝えるのが私たちの仕事なんです。

Nonetheless, I wonder if there are members who find it was too heavy.

Higuchi I also had to look twice when I received the song. I as like “Eh?”. But, I thought that it might be too heavy for us. Because we have to sing it in order to deliver its message. Nevertheless, we have to accept its message and not be sad about it. If we did, it would quickly become tough for the people watching us. It’s our job to deliver its message.

全体のライブとアンダーのライブ、見せたいものやモチベーションって違いますか?

伊藤 自然と……。
樋口 なっちゃう(笑)。アンダーライブのモチベーションで全体ライブに出ることはないですね。明らかに演出が違うから、そういう心情に自然となるんです。
伊藤 私はアンダーライブのほうがどうしても楽しく感じてしまうんです。

All member live shows or the Under live shows, do the things you want to show and your motivation differ?

Ito Naturally…
Higuchi It became like that (laughs). The motivation we have during the Under live shows isn’t there during the all member live shows. Because the production is obviously different, such feelings become natural.
Ito No matter what, I am enjoying the Under live shows more.

それぞれのファンに特性ってあると思いますか?

樋口 選抜も応援してるけど、アンダーにも来てくれる人も多いと思います。でも、選抜が出ている時って、選抜のことを目で追うものなんです。選抜がセンターステージにいて、私たちが本ステ(メインステージ)にいるとしたら、私たちはお客さんの後頭部ばかり見ることになるんです。みんな選抜のほうを追っちゃうから。
伊藤 あるある(笑)。
樋口 そういう時って、「今、じぶんは誰に向けて踊っているんだろう」って、悲しくなりますね。でも、これが現実なので。

Do you think that each fan has its own characteristics?

Higuchi There are those who support the Senbatsu, but also many people who come to see the Unders. But when the Senbatsu appears, all eyes are directed to them. When the Senbatsu are on the center stage, and we are on the main stage, we only see the backs of the audience. Because everyone looks at the Senbatsu.
Ito That happens (laughs).
Higuchi At those times, I think “who am I dancing for”, and I become sad. But that’s the reality.

その悲しみはどう乗り越えるんですか?

樋口 観てくれている人が少しでもいると信じるしかないです。それと比べると、アンダーライブは安心感があります。みんな自分たちのことを知ってくれているし、掛け声に対して応援してくれるお客さんは、私たちが選抜になることを応援してくれているから、自分が目指す場所はそこなんだよなって思えるんです。
伊藤 そうなんですよね。全体ライブでも泣いてくれるファンの方っていらっしゃるじゃないですか。そういう方が集まるのがアンダーライブなんです。すぐ泣いてしまうくらい、気持ちが熱いんです。愛情があるんだなって思います。

How do you get over that sadness?

Higuchi Although there are just a few, you have no choice than to believe there are people that are watching you. Compared to that, an Under live show gives a feeling of security. Because everyone knows who we are, and the audience are supporting us by cheering and rooting for us to become Senbatsu, so it seems that’s the place I am aiming for.
Ito Exactly. Are there also fans that cry during an all member live show? Those people are gathering at an Under live show. There is a passion that gets you crying easily. I think it’s because there’s love.

そこは、アイドルの応援の仕方の違い、ですよね。

伊藤 ドーム級クラスになると、本当に私たちのこと知らない方が観に来ているんですよ。でも、そんな方に見つけてもらえるように……っていう戦いなんです(笑)。

There is a different way of supporting idols on those shows, isn’t there?

Ito Since we became big enough for Tokyo Dome, people that don’t know us at all come to see the shows. But it’s a… battle to get discovered by those people (laughs).

存在意義

樋口さん、今年の年始に立てた目標って覚えていますか?

樋口 「選抜の常連になる」とか?

Reason for existence

Higuchi-san, do you remember the goal for this year you set in the beginning of this year?

Higuchi Do you mean “become a regular Senbatsu member”?

正解です(笑)。ですが、なかなか難しいというのが現状ですね。

樋口 そうですね。でも、変わらずにその気持ちは持っているし、選抜に入っても存在感を出せる人になりたいです。自分がもっと乃木坂の中で存在意義を見つけられれば、そうなれるんだろうなと思っていて。1月の時点よりも、近づけてはいると思うんですけど。

That’s correct (laughs). But, that’s quite unlike the current situation.

Higuchi Yes, it is. But I still hold those feelings, and I still want to become someone that makes a presence in Senbatsu as well. I think I might be able to become like that, If I can find more reasons for me to exist within Nogizaka. I think I am closer to that than I was back in January.

選抜への気持ちが折れていないから、センターにも抜擢されるんだと思いますが、選抜とアンダーの違いって何なんでしょうね。

樋口 それは結構考えるんですけど、選抜もアンダーもみんな素敵だから難しいんです。今、選抜からアンダーになるような人って、いないと思うんです。選抜に入れてあげたい人はいっぱいいるのに。

Because you haven’t given up on Senbatsu, I think you feel the same as being selected as center, but I wonder about the differences between a Senbatsu and an Under center.

Higuchi I think there are a lot, but because everyone in both Senbatsu and Under is fantastic, it’s difficult. At the moment, I don’t think there are people who want to go to Under being a Senbatsu member. There are a lot that want to enter Senbatsu though.

人数が多くなりすぎてもっていうのが難しいところですよね。

樋口 アンダーっていう名前が変わったら嬉しいなって思うんですよ。アンダーが選抜に並ぶくらいの力をつけて二大体制になったら、カッコいいんだろうなって思います。

It also makes it difficult that the number of people became too much right?

Higuchi I think I would be happy if they changed the name ‘Under’. I think it would be cool if Under was paralleled with Senbatsu to create an organisation with two equal powers.

今の乃木坂46は選抜、アンダー、3期生という3つのブランドがある状態ですが、アンダーという呼称だけがネガティブな印象を与えてしまいます。

樋口 うふふふ。違うものになったら嬉しいな。でも、今自分をもっと磨いて、自信が持てればいいのかな。私って絶対に強いんだって思えたら、自分が望む場所へと自然に行けると思うので。

At the moment, with Senbatsu, Under and 3rd gen, Nogizaka46 consists of three brands, but only the name Under gives a negative impression.

Higuchi Hihihi. I would be happy if that changes. But now it would be good if I improved myself more, and have confidence. Because if I stay strong, I think I can naturally reach my goal.

これは聞きづらい質問ですが、「私は乃木坂46です」って言いにくいことってありますか?

伊藤 あります。
樋口 乃木坂の看板に負けてるなって思う時もあるし、制服衣装を着ているから乃木坂だとやっとわかってもらえることもありますから。大きいグループにいるんだなって思う一方で、看板に負けてるなって思ってしまうんです。

It’s hard to ask this question, but is it difficult to say “I am Nogizaka46”?

Ito It is.
Higuchi There are times I lose sight of the fact that I am one of the faces of Nogizaka, and I get reminded by that because I wear the uniform. It is a large group, but on the other hand, I think I fail to live up to it.

「東京ドーム、すごいですね!」と言葉をかけられることもあったと思いますが、そういう時って……。

樋口 ありがたいなとは思います。でも、その人はドームで誰を観ていたんだろうとは思ってしまいます。
伊藤 そう。ドームに行けたにしても、その一端を担えているのだろうかって。

Did you feel the same when people said “Tokyo Dome, fantastic isn’t it!” ……

Higuchi I am very grateful. But I kept wondering who those people were watching in Tokyo Dome.
Ito That’s right. Although we managed to go to Tokyo Dome, I guess it’s a part that we carry with us.

そういう時って、辛くないですか?

伊藤 私は辛くないんですよね(笑)。
樋口 私は、それがやる気につながるから、次にドームに立つことがあったら、もっといい位置になれるように頑張ろうって思いますね。

Isn’t that painful?

Ito Not for me (laughs).
Higuchi For me it is motivating, because I will work hard to have a better position the next time I stand in Tokyo Dome.

ポジティブな思考法ですね。

樋口 今の選抜はほぼ固定されているから、乃木坂を変えられるのってアンダーしかないんです。そういう考え方をすることでバランスをとっていますね。私もネガティブになることはあるけど、「新しい風を吹かせられるのはアンダーなんだ」って思うようにしていて。自分がいつかの変革をもたらせられるようになりたいです。

That’s a positive way of thinking.

Higuchi Because today’s Senbatsu is almost fixed, only Under can change Nogizaka. By thinking like that, I stay balanced. There are times I become negative, but then I try to think “Under can make a new wind blow”. I want to be the one that brings change someday.

ただ、新しい風という言葉を聞くと、3期生をどうしても想像してしまいます。

樋口 そうですよね。人って新しいものが好きなので。その新しさとどう勝負するかっていうことも考えています。フレッシュさはすごく魅力的だし、実際3期生ってみんな素敵なんですよ。でも、比べられないような自分を作るためにはどうしたらいいかということを考えるきっかけになってくれているんです、3期生は。いい刺激になっています。乃木坂を応援してくれる層を厚くしてくれたとも思いますから。だけど、自分は別物なんだって考えたいです。

However, when I hear the words “new wind”, I am thinking about the 3rd gen.

Higuchi Yes, I see. It is because people like new things. I am thinking about how to compete with that newness. Their freshness is fascinating, and everyone from the 3rd gen is great. But it is also an opportunity to think about how to distinguish myself from them. It has become a great motivation. Because I also think it reinforced the support for Nogizaka. However, I want to think that I am different.

かりんさんはどうでしょう?

伊藤 選抜がいるのはアンダーがいるからだと思うんです。選抜が輝くには、アンダーがいないと、その輝きの度数が違ってくると思いますね。私は、アンダーとして腕を張って活動してるし、選抜を目指しているコには選抜に入ってほしいと思っています。3期生はキラキラしていて、乃木坂の未来だなって思うので、未来を担ってほしいですね。いい感じで2期生も3期生もつまみつつ(笑)、素敵な乃木坂になってほしいです。

Karin-san, what about you?

Ito There is a Senbatsu because there is Under. Senbatsu is shining, and if Under didn’t exist, the frequency of that glow would be different I think. I am proudly active as an Under member, and I want those that have their eye on Senbatsu to enter it. The 3rd gen is shining, and because I think they are the future of Nogizaka, I want to shoulder that future.

3期生とアンダーって、いつか融合するんですかね?

樋口 どうなんだろう?
伊藤 いつかはするんじゃない?
樋口 4期生がいったら、また変わってくるんでしょうけど。

Will the 3rd gen and Under someday unite?

Higuchi I’m not sure.
Ito Maybe never?
Higuchi That may change though when there’s a 4th gen.

ですよね。最後に言い残りしたことはありますか?

樋口 12月のアンダー近畿、観に来てください!今年最後のライブなので!

Right. Do you have any last words you want to say?

Higuchi Please come to see the Under live shows in the Kinki area! It will be the last live shows of the year!

Leave a Reply